名古屋でファクタリング(売掛金買取り)ならグローバルサービス ファクタリングとは?

0800-2000-248

営業時間:10:00~19:00 年中無休

申込み

FAX:052-212-7584
FAX用紙ダウンロード

ファクタリングとは?

What's about factoring?

ファクタリングとは売掛金を買取るサービス

ファクタリングとは、企業様、個人事業主様が抱える売掛金・債権を、ファクタリング業者が買い取ることにより、
早期に売掛金、債券を現金化する仕組みです。
ファクタリングには、取引先企業への連絡が必要な3社間取引と、取引先企業に連絡が不要の2社間取引があり、手数料が異なります。
ファクタリングには2社間取引と3社間取引があり、それぞれメリットデメリットがあります。

2社間ファクタリング

2社間取引とは?

売掛債権の取引先に承諾をもらう必要がなく、ファクタリング業者に売掛債権を買い取りしてもらい、取引先から入金があったらファクタリング業者に支払う契約です。

3社間ファクタリング

3社間取引とは?

売掛債権の取引先に承諾を頂いた上で、その売掛債権をファクタリング業者に買い取りしてもらい、入金期日が到来したらお取引先から直接ファクタリング業者にご入金して頂く契約です。

2社間取引のメリット・デメリット

2社間取引のメリット

2社間取引のデメリット

2社間取引はこんな方にお勧めです。

3社間取引のメリット・デメリット

3社間取引のメリット

3社間取引のデメリット

3社間取引はこんな方にお勧めです。

ファクタリングの審査に関して

ファクタリングは金融機関の融資とは違い、借り入れではありません。
融資の場合は信用情報の登録が義務付けられており、またその信用情報を基に審査を行いますが、ファクタリングの場合は信用情報よりも売掛先の信用が第一となります。
よって金融機関で融資を断られた場合でも、お客様の信用情報に左右されることなくお取引頂けます。

売掛債権の査定について

売掛先の信用力によって手数料が変動するシステムになっております。
よって売掛先の経営状況が良く、信用度が高いほど手数料が安くなります。

売掛先の信用度

ファクタリングは売掛債権の譲渡ですから、実際にファクタリング業者からお金を支払うのは売掛先です。
先に支払った売掛債権の譲渡金が回収出来ないとそのまま損失となってしまいますので、このリスクを回避するために審査・査定を行います。
ファクタリング利用会社よりも実際にお金を支払う売掛先の信用力が重要視されるのは当然のことです。
極端な言い方をすればファクタリング利用会社が赤字決済でも、売掛先が上場企業で経営状況も良ければ何の問題もないのです。

入金までの日数

ファクタリングというのは、売掛債権を売掛金の入金前に譲渡して現金化する資金調達方法ですから、売掛債権を譲渡した時点から売掛金がファクタリング業者に入金されるまでにタイムラグが発生します。
この入金までの日数が審査・査定に影響します。
売掛金の入金までの日数が短ければ短いほど審査は通りやすく、買い取りの査定も良くなるのです。

ファクタリングを利用する会社の信頼度

ファクタリングは売掛債権の譲渡ですから、実際にファクタリング業者にお金を支払うのは売掛先です。
そのため、売掛先の信用力がファクタリング業者にとって重要なことなのです。
しかし、2社間取引の場合は
売掛先 → ファクタリング利用会社 → ファクタリング業者
という流れで売掛金が入金されることになります。
この際に売掛先は期日通りにファクタリング利用会社に入金したにも拘らず、ファクタリング利用会社が倒産してしまい他の債権者に回収されてしまったり、税金や借入金の滞納による差し押さえで、ファクタリング業者に入金されないという事態も起きうるのです。
ですから、ファクタリング業者はこういった事態を避けなければならないので売掛先の信用力と同時にファクタリング利用会社の信用力も審査するのです。

ファクタリングに関する注意点

当たり前のことですが、ファクタリングは持っている売掛債権をファクタリング業者に売って現金化する資金調達方法なので、売掛金がなければご利用頂けません。
また、売掛金の全額または額面以上のファクタリングも出来ません。
ファクタリング業者に虚偽の申告をしてしまうとファクタリングが実行出来なくなります。
例えば「取引先からの入金は遅れていない」「登記された売掛債権ではない」など。
しかし、ファクタリング業者が利用会社に求める書類を見ればわかってしまいます。
また、登記された債権かどうかも法務局に確認すればすぐにわかります。
他にも契約書・注文書・請求書の偽造などがありますが、その場合、有印私文書偽造の罪に問われることになるでしょう。

2社間取引では入金の流れが
売掛先 → ファクタリング利用会社 → ファクタリング業者となります。
ファクタリング利用会社は取引先から入金後、ただちにファクタリング業者に支払いをしなければなりませんが、支払いをせず使い込みをしてしまった場合は横領罪に問われることになるでしょう。

ファクタリング利用会社がAファクタリング業者に債権を買い取ってもらった後にBファクタリング業者にもファクタリングを依頼して両方から資金を得ると、二重譲渡となり詐欺罪に問われることになるでしょう。

ファクタリングは借り入れではなく、売買契約による債権譲渡です。
譲渡した債権はファクタリング業者の財産となりますので業務上横領等、刑事事件に発展する場合がございますので、十分お気をつけ下さい。

お気軽に無料査定お問合わせください

0800-2000-248

営業時間:10:00~19:00 年中無休

メールお問合わせ

FAX用紙ダウンロード

お気軽にお問合わせください

ファクタリングを語る闇金業者に注意

TOPへ戻る